タイ語学習25年生の憂鬱

面倒くさがりなタイ語学習者25年生の七転び八起きのち七転八倒の話。
タイのビジネスや生活の話もあるか? でも、なんの役にも立ちません(たぶん)。

これはいったい自転車専用道路なのだろうか?

シーロム通りの近くに自転車専用道路(跡?)らしきものを発見。
路面に白いラインを入れて、自転車マークも書いてあります。
いつもクルマが何十台と連なって停まっているので気付かなかったのですが、何百メートルか専用道路が続いているようです。こういう状態なので実用化されていないんでしょうね。


たままたクルマが停まっていなかったので、マークに気づく(笑)


サイアムスクエア、チュラロンコン大学、ルンピニ公園、サートン通りの限られたエリアではバンコク都がレンタサイクルのサービスを提供していますが、その残骸でしょうか?


ちなみにこのサービス、PUN PUN(ปันปั่น、パンパン)という名称で、アルファベット表記にしてもカタカナ表記にしても同じですが、タイ語だと前のパンが「分ける、分配する」、後ろのそれが「自転車を運転する」といった意味で、合わせて「自転車をシェアする」といった意味合いでしょうか。


こちらは以前、タマサート大学の前で見かけた自転車専用道路。「Bangkok Green Bike Route」というものらしい。一応、グリーンに塗って車道と歩道の間にスペースを確保しています。


王宮や王宮前広場、民主記念塔などこの近辺の観光地をめぐるルートのようです。サイアムスクエア同様にバンコク都が運営しているレンタサイクルのサービスと連動しているのかもしれません。これがあれば、ガイドブックに載っている有名どころを効率よく回れそうです。


友人が来タイしたときにでも利用してみたいところですが、上述のパンパンは事前登録が必要らしいので、観光客がパッと行って利用できるものではないかもしれません。



もろもろ調べてみましょう。
次回のレポートをお待ち下さい(笑)



ちなみにタイはいま自転車ブームで、街中にバイクショップも増え、休日ともなればロードバイクで道路を走っている人をよく見かけます。ここ1〜2年で急に増えた印象です。


しかし、ご存知の通り、バンコクの道路は自転車が走れるようにはできていません。自転車で走っていた人がクルマに跳ねられて死亡したなんていうニュースもよく流れます。バンコクで自転車に乗る機会があった場合はくれぐれもお気をつけください。




いつも応援ありがとうございます。
今回もワンクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。