タイ語学習25年生の憂鬱

面倒くさがりなタイ語学習者25年生の七転び八起きのち七転八倒の話。
タイのビジネスや生活の話もあるか? でも、なんの役にも立ちません(たぶん)。

タイの銀行は奥が深い? 土日も営業日の支店あり! 

タイで生活したり、仕事をしたりすると必ず必要になってくるのが銀行とのおつきあい。


まずはいずれかの銀行で口座の開設からスタートすることになりますが、タイの場合、外国人が口座を開設しようとすると労働許可証がなければ開くことができないというのが一応のルールです。が、そこはタイ、一部の銀行や一部の支店ではできるようです。軍政になって厳しくなっているという話はありますが、どうなんでしょうか。


日常生活ではATMカードさえあれば、バンコクの場合ATMマシーンがけっこうどこにでもあるので、24時間、手数料無料で引き出すことができ、とても便利です。


自分の口座がある銀行のATMマシーンが近くになければ、他行のマシーンでも手数料無料ですので非常にありがたいサービスですが、県をまたいで引き出すと同じ銀行でも手数料をとられてしまいますので、旅行に行ったときなんかは注意が必要です。


一方、仕事をしていると当然ですが支払いの機会が多くなります。タイでは小切手での支払いがまだまだ主流ですが、私の場合はネットバンキングで振り込みをすることが多いです。事前に振り込み日の予約もできたりと、簡単、便利というのが理由です。小切手は税金や社会保険料の支払いくらいでしょうか。


タイではATMマシーンでも簡単に振り込み手続きができますので、利用している友人もいますが、ATMマシーンは建物の外にあったり、商業施設などの人通りの多い場所に多く、落ち着いて手続きをできないのが難です。


ただ、ネットバンキングは金額が大きすぎて振り込みできないといったことがたまにあるので、その場合は支店で手続きをします。そのあたりのレギュレーションはどこかに書いてあるのでしょうが、振り込みエラーのメールが返ってきて初めて知る、なんてこともあります。


月曜の朝一番で振り込みをしなければならない、なんてこともあるのですが、月曜の朝からバタバタするのが嫌なので、私は買い物がてら、土日にショッピングモール内にある支店で手続きを済ませることもあります。


カシコン銀行の支店。毎日、営業しています。


そうなんです。タイの大手銀行は商業施設内に支店を構えているケースがほとんどで、しかも土日も営業しているのです。営業時間はその商業施設の営業時間にあわせる形で設定されているのでしょう。朝が遅いぶん、閉店は19時や20時だったりします。


街中の支店は土日が休みで、営業時間も8時30分から16時くらいまでが一般的です。一般的というのは支店によって営業時間が多少違ったりするからなのですが、土日営業や営業時間はその支店の顧客ニーズに応じて変えているということでしょうか。恐るべし(笑)


銀行のサービスは銀行によって違ったり、同じ銀行でも支店によって違ったり、同じことをしても手数料が違ったり、とかなり奥が深いのですが(笑)、それはまたの機会にでも。




いつも応援ありがとうございます。
愛のワンクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。