タイ語学習25年生の憂鬱

面倒くさがりなタイ語学習者25年生の七転び八起きのち七転八倒の話。
タイのビジネスや生活の話もあるか? でも、なんの役にも立ちません(たぶん)。

いざ、シラチャへ

1週間ぶりの更新。ちょっと優秀か(笑)
この間、祝日(王妃様誕生日&母の日)、友人の来バンコク(飲み過ぎによる記憶喪失)、アユタヤ(พระนครศรีอยุธยา)にある会社への営業、などなどそれなりにイベント?はあったがすべて割愛(笑)


今日(16日)は日曜だが、例のごとく自営業は仕事です。
今回はバンコクから100キロ?のところにあるシーラーチャー(ศรีราชา)までバスで行ってきました(ここでは長母音を省略してシラチャと表記)。
シラチャはチョンブリー(ชลบุรี)からラヨーン(グ)(ระยอง)近辺に進出する日系企業の駐在員が多く住む街で、日本人学校ができてから加速度的に日本人の人口が増えているとか。


で、バンコクからシラチャに行くにはエカマイ(เอกมัย)にあるバスターミナルからバスで行くのが一般的。ここからはパタヤを始め主に東部地域行きのバスが出ます。
このバスターミナルは敷地も狭く、また街中にあるため渋滞で郊外に出るのに時間がかかるということもあってか、少し郊外のバーン(グ)ナー(บางนา)に移転するという話がありますが、候補地はもう決まったのかな?


建物はかなり古びてます。


シラチャ行きは16番窓口でチケットを購入。


94バーツ(×3.5≒330円)也。
安い! 前回はタクシーで行って片道1000バーツ(涙)


よくあるタイのバス乗り場の風景。バス乗り場はチケット売り場の奥に進むとあります。


外から見る分には「おっ、ちょっといいじゃん」って感じですが。


中はそれなりに古いです。
シートに手書きで座席番号を書いてるし。
間違いやすいのは、この番号は前の人の座席番号ということ。この番号を見て座ると一列後ろに座ってたということもあるので要注意です(笑)


帰りはシラチャのバス停留所でチケット購入&乗車。レームトーン(グ)(แหลมทอง)といえば連れて来てくれるようです。

旅行代理店といった風情。中にチケットカウンターがあるのでエカマイ行きのチケットを購入。待合所になっているのでバスが来るまで待機します。
が! どこ行きのバスが来たというアナウンスはすべてタイ語なので、バスの横に書いてあるバスナンバーとチケットに書かれている番号を照合しましょう。とはいっても、発着するバスは多くないのですぐわかります(笑)


安いのはいいのだが、乗客を拾ったり降ろしたりを頻繁に繰り返しながら進むのでかなり時間がかかるのが難点。2時間から2時間半は見ておいたほうがいいでしょう。次回は少しは速いミニバンにしてみようかな。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。